「火星の新しい視点 - “マーズ・エクスプレス”がとらえた高解像度3D写真 - 」 展

日本科学未来館

poster for 「火星の新しい視点 - “マーズ・エクスプレス”がとらえた高解像度3D写真 - 」 展

このイベントは終了しました。

ドイツ連邦共和国の航空宇宙センター(DLR)と協力し、火星探査機“マーズ・エクスプレス”が撮影した世界初の画像を含む火星の地形写真を、前例のないスケールの高解像度3D画像で展示します。太陽系4番目の惑星である火星は、太陽からの距離が地球より遠いため、宇宙のなかで生命が存在可能なゾーン(ハビタブルゾーン=液体の水が存在できる範囲)よりもわずかに外側に位置します。しかし、高地、砂漠、火山、断層、峡谷、渓谷、クレーターなど地球と似通った地形が存在すること、また大気と季節があることなどから、地球外で生命を探す第一の目標であるといえます。“マーズ・エクスプレス”は、欧州宇宙機関ESAの最初の惑星ミッションとして 2003年に打ち上げられた探査機で、10年以上火星上の軌道を回り、現在も地質や鉱物、大気の研究を行っています。“マーズ・エクスプレス”に搭載されたドイツ製高解像度ステレオカメラ(HRSC)は、火星の地形を人の眼で見るのと同様に記録し、火星の地表を解像度約10メートルの3Dフルカラーで写すことができます。 本展示では、数十億年にわたって火星の地形を形作った地質学上の主要な9過程(火山活動、水、氷、浸食、風、地殻運動、極地、堆積作用、衝突クレーター)の画像と、火星やその衛星の最新探査機に関するさまざまな情報をパネルや映像で紹介します。火星の近接写真の数々は、“異質でありながらも身近に感じられる地形”という新たな視点をもたらすとともに、火星がいかに地球に似通っているかを理解させてくれます。また、探査技術の進歩によって、地球の近くにある惑星の姿がこれまでになく詳細に解明されていく可能性も感じさせてくれるでしょう。 本展示はこれまでにドイツ、オーストリア、国連本部、アメリカ、カナダ、日本(福岡・神戸)、タイ、シンガポール、イスラエルを巡回し、のべ 250万人以上が見学しています。

メディア

スケジュール

2014年04月16日 ~ 2014年09月01日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use