内藤廣 「アタマの現場」

ギャラリー・間

poster for 内藤廣 「アタマの現場」

このイベントは終了しました。

1995年に「素形の構図 還元する場のかたち」(6.9~7.22)と題して開催された最初の個展では、「誰しもの心の奥底にある建築の原形質のようなもの」という概念に“素形”という名前を与え、自身の作品を語った。それから18年、内藤氏によって生み出された“素形”の概念は、さらに 新たな意味と言葉が加わり、鮮明さを増している。「空間の価値」を常に探求してきた氏曰く、「建築はそこに生きる人の生命が宿る場所であり、人々が過ごした時間や空間の記憶が張り付くことによって、建築自体が命を得ているのである」と。そして個人の暮らしの夢である“素形”から、共同体の夢である風景、すなわち“素景”こそが、3.11を経た現代において実現されるべきものであると語る。展覧会場では、数々の作品を生み出してきた内藤廣建築設計事務所の一部を再現するとともに、初期の代表作から現在進行中のプロジェクト、更にはプロジェクトに終わった作品を通して思考の過程を紹介します。ひとりの建築家がひたすら走り続けてきた 「アタマの現場」を、その思考のなかから発せられた語録「言葉のかけら」とともに堪能ください。

[関連イベント]
ギャラリートーク
日時: 1月22日 17:00〜18:00
参加費: 無料
*関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

[画像: 「静岡県草薙総合運動場体育館」 (2015年完成予定)]

メディア

スケジュール

2014年01月18日 ~ 2014年03月22日

アーティスト

内藤廣

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use