「世界遺産のあるまち~田辺 - 世界で二例しかない、貴重な“巡礼の道”の世界遺産登録10周年を迎えて - 」 展

渋谷ヒカリエ 8/ CUBE 1, 2, 3

poster for 「世界遺産のあるまち~田辺 - 世界で二例しかない、貴重な“巡礼の道”の世界遺産登録10周年を迎えて - 」 展

このイベントは終了しました。

本写真展は「道が人をつなぎ、人が未来を創る」をコンセプトに、日本はじめ国際的に活躍する香港人フォトグラファーJimmy Ming Shumを起用し、世界で二例しかない貴重な“巡礼の道”である熊野古道を始め、その地に生きる人、暮らし、味や仕事を切り取りました。そこには私達が気付かない、まちの顔やちいさな再発見が隠れていました。「道が人をつなぎ、人が未来を創る。」日本のどの地方都市も、若い人たちが地元を離れ、まちも村も昔の元気を失いつつあります。地方のまちや村には自然も景観も産物も豊富にありますが、この大切な資産を消費するだけでなく、未来に大切に繋ぐのは、そこに生きる人たち、その人たちの元気です。1000年もの昔より、人々が来世を願い、再生を賭け、日本全国から熊野古道を歩いてこの地を訪れてきました。時を経て、この地を去る若者がいる一方で、この地の魅力にひかれて移り住む人々、訪れる人々がいて、まちには小さな新陳代謝がおきています。多様な文化や価値観を持った人々が、互いに作用しながら、多彩な価値を生み出し、まちをかたちづくると言えます。いにしえから続く世界遺産がある田辺の道を歩き、日本のまちや村がどうあるべきか、どこに向かっていくのかを考える旅の記録です。

メディア

スケジュール

2014年04月15日 ~ 2014年04月23日 16:00
開館時間: 11:00~20:00、23日のみ11:00~16:00。15日は関係者のみの内覧会、16日から一般公開となります。

アーティスト

沈平林

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use