「101年目の植田正治『軌道回帰』」展

アツコバルー ATSUKOBAROUH arts drinks talk

poster for 「101年目の植田正治『軌道回帰』」展

このイベントは終了しました。

1983年、最愛の妻の死とともに、写真に対する意欲をも喪失していた植田正治が「写真する遊び心」を取り戻す一つの契機に『軌道回帰』(1986年私家版刊行)がありました。当時、発売されたばかりのポラロイド社 35mmフィルムに刺激された植田はこのシリーズに新しい方向性を探り、「内省的な風景」を刻み込みました。植田の代名詞ともいえる砂丘で、戦後一世を風靡した絵物語作家、山川惣治を撮影した幻想的な作品を併せて展示、植田正治101年目のはじまりを記念する展覧会を開催致します。

[関連イベント]
五味彬による『植田正治と土門拳の不思議な関係』
土門拳が提唱した「絶対非演出の絶対スナップ」の『リアリズム写真運動』と植田正治の『演出写真』。写真家の五味彬がスティッキーズ解説します。当日、土門拳の遺作『古寺巡礼』をお見せします。
日時:4月4日 19:30~20:30
場所:アツコバルーarts drinks talk

メディア

スケジュール

2014年03月12日 ~ 2014年04月07日
開館時間: 水曜日〜土曜日14:00〜21:00、日曜日・月曜日11:00〜18:00

アーティスト

植田正治

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use