poster for 「いろは展」

このイベントは終了しました。

武蔵野美術大学は、東京ミッドタウン内デザイン・ハブにて、第49回企画展「いろは展」を開催します。「いろは」は、習い事の「基本」や「手順」を表す言葉として親しまれてきました。その由来となった「いろは歌」は、中世以降さまざまな文献で多様な解釈がなされ、その真意はひとつに定まるものではありません。一見、マニュアルのように受け取れる「いろは」ですが、その根底に流れる無常観にこそ、一人ひとりが予測できない現実と向き合い、生き抜いていくヒントが隠されているのではないでしょうか。本展では、各分野で独自のものづくりの道を歩んできた10人がディレクターとなり、かたちのない「いろは」について来場者とともに考える場を生み出します。

[トークイベント]
会場: インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京ミッドタウン・デザインハブ内)

第一回 「記憶のめくり方」
対談: 立花文穂 x 鈴木康広
日時: 11月30日(日) 18:00〜19:30

第二回 「ファッションとグラフィックデザインについて」
対談: 長嶋りかこ x 津村耕佑
日時: 12月6日(土) 17:00〜18:30

第三回 「ショップができるまでの『いろは』〜片山ゼミワークショップを振り返って〜」
対談: 相澤陽介(White Mountaineering デザイナー) x 片山正通
日時: 12月13日(土) 15:00〜16:30

第四回 「ねずみの金玉〜舞台美術・衣装〜」
対談: 堀尾幸男 x 太田雅公
日時: 12月20日(土) 17:00〜18:30

※全て参加無料。要予約。詳しくは公式ホームページをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2014年11月21日 ~ 2014年12月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use