「ボッティチェリとルネサンス - フィレンツェの富と美 -」展

Bunkamura ザ・ミュージアム

poster for 「ボッティチェリとルネサンス - フィレンツェの富と美 -」展
[画像: サンドロ・ボッティチェリ「聖母子と二人の天使」(1468-69年頃) テンペラ、油彩、板 ストラスプール美術館蔵 ©Photo Musées de Strasbourg, A. Plisson]

このイベントは終了しました。

15世紀、花の都フィレンツェでは、メヂィチ家をはじめ銀行家の支援を受け、芸術家が数々の傑作を生み出していきました。サンドロ・ボッティチェリ(1445-1510)の美に代表されるフィレンツェ・ルネサンスは、フィレンツェ金融業の繁栄が生み出した文化遺産といえます。本展では、ヨーロッパ全土の貿易とビジネスを支配し、ルネサンスの原動力となった金融業の繁栄と近代に通じるメセナ活動の誕生を、フィレンツェの趨勢と運命をともにしたボッティチェリ作品10数点に加え、絵画、彫刻、工芸、資料など約80点によって浮き彫りにします。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2015年03月21日 ~ 2015年06月28日
4月13日(月)、4月20日(月)のみ休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use