丹羽良徳「解釈による犯行声明」

ナディッフ アパート

poster for 丹羽良徳「解釈による犯行声明」

このイベントは終了しました。

本展では言語が持つ特有の働きとその矛盾をテーマに、「取り扱い説明書」、「憲法」、「犯行声明」、「マニフェスト」、「政治談話」…など、異なる国、時代、目的で発信された過去の言語ソースをとり上げ、それらに対して丹羽が「解釈」で応答するパフォーマンス、インストラクションを中心に、もしくは東日本大震災直後に自身が着想したプラン『国会議事堂を福島に移転する』(2011年)や、『銀行ATMで偶然後ろにいた人に預金全額を振り込む』(2014年)といった実行されなかった作品の再評価を含めて展開します。また日本未公開のビデオ作品『意図的に違う意味の通訳付きで演説する』(2013年)、『台湾の路上で偶然出会った人に、死んだら台湾が消滅すると宣言してもらう』(2014年)も併せて展示予定です。
[関連イベント]
オープニングイベント 丹羽良徳の誕生日会をする
日時: 9月18日(金) 19:00〜21:00

ライブイベント 特装版公開制作
日時: 9月23日(水・祝) – 27日(日) 各日12:00 - 17:00

トークショー「犯行声明、あるいは歴史と天麩羅のひみつ ─ 東京-ロンドン-京都-東京(仮)」
日時: 10月24日(土) 時間未定

※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年09月18日 ~ 2015年11月01日

オープニングパーティー 2015年09月18日19:00 から 21:00 まで

アーティスト

丹羽良徳

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: October Round-Up

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond this month.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use