「18世紀の江戸絵画」展

板橋区立美術館

このイベントは終了しました。

本展では、板橋区立美術館の館蔵作品と寄託作品により、英一蝶(はなぶさいっちょう)とその一門、南蘋派、江戸の洋風画など、18世紀の江戸を中心として、狩野派や民間画壇から生まれた多彩な江戸絵画の表現を紹介します。また、今年度ご寄贈いただいた新出の狩野探幽「探幽縮図(たんゆうしゅくず)」など3点を初公開します。

[関連イベント]
記念講演会「神仏の軽口・鳥獣の愚痴 —江戸の文芸と絵画の遊び」
18世紀江戸の文芸が、ときにユーモアを交えつつ見つめたモチーフについて、展示作品に即してお話いただきます。
日時: 3月1日(日) 15:00~16:30
会場: 1階講義室
講師: 小林ふみ子(法政大学文学部日本文学科教授)
申込不要、聴講無料、先着100名、当日直接会場へお越しください。

講演会「2013、2014年度寄贈作品の紹介 - 新出の探幽縮図を中心に - 」
日時: 3月28日(土) 15:00〜16:30
会場: 1階講義室
講師: 佐々木英理子(板橋区立美術館学芸員)
申込不要、聴講無料、先着100名、当日直接会場へお越しください。

ギャラリートーク
担当学芸員が展示作品について解説します。
日時: 3月8日(日)、22日(日)、29日(日) 14:00〜14:30
申込不要、参加無料、当日直接2階展示室ロビーへお越しください。

メディア

スケジュール

2015年02月28日 ~ 2015年03月29日
開館時間: 3月14日は20:00まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use