吉田有紀 「DEATH IN LIFE」

eitoeiko

poster for 吉田有紀 「DEATH IN LIFE」
[画像: 吉田有紀 「Death In Life」 (2015)]

このイベントは終了しました。

子供の意思に関係なく親や家族の幸せの証明としてインターネットに顔を出す子供はたくさんいます。同時に戦地のまっただ中である中東からは傷つき血まみれになった子供たちの写真がネットに流れています。 毎日爆弾が自分の頭の上に降ってくるのではないかと息を潜める日々を送る子供と、平和で毎日安心して暮らすことができる子供。未来を担う一番大事なはずの存在と、現在の利便性や経済効率、面子や利益といったものの理不尽性をテーマにした展示です。
これまで無数の円球が描かれる「日本画」を軸に制作をつづけてきた作家。R・J・リフトン「ヒロシマを生きるー精神史的考察」 (岩波書店・原題DEATH IN LIFE)をふまえ、自己の体験から社会をみつめた平面作品、立体作品、光るオブジェを中心に発表します。

メディア

スケジュール

2015年08月15日 ~ 2015年09月12日

オープニングパーティー 2015年08月15日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

吉田有紀

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use