「モノがたる文学部 資料にみる人文学研究/師弟の言葉 西脇順三郎と井筒俊彦」

慶應義塾大学三田キャンパス

poster for 「モノがたる文学部 資料にみる人文学研究/師弟の言葉 西脇順三郎と井筒俊彦」

このイベントは終了しました。

「モノがたる文学部 資料にみる人文学研究」国宝や重要文化財に指定された資料をはじめ、貴重書や機材など、文学部の活動に関わってきたさまざまな「モノ」をとおして、「モノ」の価値を生み出す文学部の研究を紹介します。
会場: 慶應義塾大学三田キャンパス慶應義塾図書館(新館)展示室


「師弟のことば 西脇順三郎と井筒俊彦」最初期より言語それ自体の研究を重視した文学部では、戦前から「言語学概論」の授業を設置し、多くの専攻がこれを必修科目としていました。この科目を長らく担当していたのが、ノーベル文学賞候補にも挙がった学匠詩人・西脇順三郎と、その弟子にして東洋哲学の大家でもあった井筒俊彦です。当展示では、二人の手稿や蔵書を通じて、ことばと向き合った師弟の姿を描きます。

会場: 慶應義塾大学三田キャンパス南別館アートスペース

メディア

スケジュール

2015年12月02日 ~ 2015年12月18日
慶應義塾図書館展示室: 9:00〜18:20(土のみ16:50まで、日祝閉館)、慶應義塾大学アート・スペース: 10:00〜17:00(土日祝閉館)

アーティスト

西脇順三郎井筒俊彦

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use