poster for 「Digital Humanize」展

このイベントは終了しました。

情報技術の日常化は、私たちをとりまくデバイスの変化のみならず、私たち自身の知覚や身体感覚をも拡張させてきました。90年代半ばの音楽に現れたグリッチの手法は、デジタルなツールによって作られた作品に対する私たちの受容を更新した、典型的な証左と言えるでしょう。その一方、電子音楽やインターネットカルチャーを中心に、そのようなツールがもたらす質感的な特性を超え、ヴァーチャルでありながらどこか肉体的でもあるような、特異な身体感をもつ作品が現れ始めました。それらの作品には、情報技術によって上書きされた私たちの身体性を逆照射するような、奇妙な生々しさがあります。それはまるで、"人間らしさ"の対岸であるかのように思えた技術が、人間へと回帰する、あるいは人間を模倣しているような状況とも言えるでしょう。本展覧会は、映像・画像・電子音響を中心に、ポストインターネット時代の身体や知覚のありようと、そこから生み出されるイメージについて検証します。
出展アーティスト: 東加奈子、伊阪柊、内田涼、梅沢英樹、及川潤耶、大柿鈴子、小野寺唯、kii tsunome、クリストフ・シャルル、武蔵野美術大学 クリストフ・シャルル研究室、郷治竜之介 、佐藤浩一、Jesse Hogan、田岡美紗子、谷口暁彦、堀川詩保子、室井悠輔、山形一生、渡部智子
[関連イベント]
レセプションパーティー
日時: 6月17日(水)17:00〜19:00
ライブパフォーマンス
日時: 6月20日(土)14:30〜18:30

メディア

スケジュール

2015年06月14日 ~ 2015年06月22日
開館時間: 10:00〜19:00

オープニングパーティー 2015年06月17日17:00 から 19:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use