「distant voices ‒ carry on ~青山借景」

スパイラル

poster for 「distant voices ‒ carry on ~青山借景」

このイベントは終了しました。

慣れ親しんだはずの日常風景をさりげなく非日常へと反転させた『Borrowed Landscape-Yokohama(横浜借景)』 から3年-。ハイネ・アヴダルと篠崎由紀子は、今年30周年を迎えるスパイラル [建築:槇文彦] の空間を舞台に、ヨーロッパと日本のアーティストによる国際共同制作『“distant voices ‒ carry on』”~青山借景』に取り組みます。スパイラルの屋内外、一般には公開されない空間に身体/音/オブジェを介在させ、時間の経過とともに作品の形態を変化させていくサイトスペシフィックな作品。来場者ひとりひとりが自分の位置や見方を主観的に選択することができ、知覚が開かれ、ありふれた日常を別のイメージへと読み替えるパフォーマンス体験です。

【イベント詳細】
10月10日(土)   18:00
10月11日(日)   14:00/18:00
10月12日(月・祝) 14:00/18:00
集合場所: スパイラルホール(スパイラル3F) 
受付・開場は、開演の20分前
上演時間: 約120分
定員: 各回 120名

メディア

スケジュール

2015年10月10日 18:00 ~ 2015年10月12日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use