「シネマブックの秘かな愉しみ」展

東京国立近代美術館フィルムセンター

このイベントは終了しました。

国内最大の映画専門図書室を擁するフィルムセンターは、この度映画の書物をめぐる展覧会を開催いたします。映画史を知るための基本文献、明治・大正期の貴重書や無声映画時代の“映画文庫”、豪華な大型本・愛らしい豆本、こども向けの本や優れたデザインの書籍、映画という職業をめぐる本まで、映画史と寄り添って脈々と生み出され、さまざまな魅力を放つ日本の映画書を一堂に集めて展示し、併せて、映画の本を収集している日本各地の映画図書館をご紹介します。

[関連イベント]
「日本映画史の稀覯書をめぐって―出品文献解説」
日時: 7月11日(土)
場所: 展示室ロビー(7階)
講師: 本地陽彦(日本映画史・日本映画文献史研究家)

「映画本渡世―編集者人生45年」
日時: 8月1日(土)
場所: 展示室ロビー(7階)
講師: 山根貞男(映画評論家)

メディア

スケジュール

2015年04月14日 ~ 2015年08月02日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use