エマージェンシーズ! 025 AKI INOMATA「Inter-Nature Communication」

NTTインターコミュニケーション・センター

poster for エマージェンシーズ! 025 AKI INOMATA「Inter-Nature Communication」
[画像: AKI INOMATA 「やどかりに「やど」をわたしてみる -White Chapel-」(2014—15)]

このイベントは終了しました。

INOMATAの作品の多くは,生き物との恊働によって成立しています。これまでに、都市や建築物の形を模した透明な殻を3Dプリンターで出力してやどかりに渡し、そこに引っ越してもらう作品、同じく3Dプリンターで出力した街のオブジェを亀に載せる作品、犬の毛と人間の髪をお互いの服として交換する作品、ミノムシに女性の衣服の切れ端を与えてそれでミノを作ってもらう作品、インコを連れてフランス語を習いに行く作品などを発表してきました。作品制作にあたって、INOMATAはまず恊働相手となる生き物の生態や特徴を調査し、それを踏まえて自らのアプローチを探っています。私たちは、人間以外の生き物が人間とは異なる世界や論理で生きていて、それらとのコミュニケーション手段はごく限定されていると思ってしまいがちです。INOMATAは、人間以外の生き物のふるまいに人間の世界を重ね合わせることで、人間を異なる角度から捉え直し、私たち自身の姿を再発見しようとしています。それは、生き物と人間が新しいコミュニケーションの形を探りながらそれぞれの役割を見いだし、最終的に一つのフィクションを創り出す営みといえるかもしれません。本展示では、近作数点とともに、木の年輪と同様に生息する環境変化をログとして刻む貝の成長線を音に変換させた新作《LINES -貝の成長線を聴く ver.1.0》も展示します。
[関連イベント]
アーティスト・トーク AKI INOMATA
日時: 6月13日(土) 14:00-
ゲスト: 五十嵐太郎
会場: ICC 4階 特設会場
定員: 150名(当日先着順)
入場無料
※関連イベント詳細は公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年05月23日 ~ 2015年08月01日

アーティスト

AKI INOMATA

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use