「画家の詩、詩人の絵 - 絵は詩のごとく、詩は絵のごとく」展

平塚市美術館

poster for 「画家の詩、詩人の絵 - 絵は詩のごとく、詩は絵のごとく」展
[画像: 宮沢賢治《日輪と山》制作年不詳、林風舎蔵、(c)林風舎]

このイベントは終了しました。

古来、西洋では「絵は黙せる詩、詩は語る絵」といわれてきました。日本の近代洋画は、文学からの自立を目指した西洋近代美術の影響のもとで始まっています。特に印象派以後、新しい造形表現を積極的に取り入れた結果、実に多様な作品がうまれました。しかし、現実の生きた情感から浮き上がった作品が多く生まれたことも事実です。ある意味では、モダニズムが斥けてきた詩情、文学性を活かすことで、日本独自の絵画が成立したといえます。
近年では、一部の画家たちが積極的に詩の世界に接近し、新しい表現を生み出そうとしています。本展は、明治から現代までの画家と詩人の絵画と詩を一堂にあつめ、絵画と詩の密接なつながりを検証するものです。
出品アーティスト:
画家 小杉未醒、青木繁、萬鐵五郎、藤森静雄、恩地孝四郎、田中恭吉、中川一政、長谷川利行、古賀春江、川上澄生、村山槐太、谷中安規、三岸好太郎、棟方志功、長谷川リン二郎、難波田龍起、山口薫、香月康男、南桂子、松本竣介、浅野弥衛、飯田善國、草間彌生、田島征三、芥川麟太郎、藤山ハン、難波田史男、イケムラレイコ、瓜南直子、O Jun、小林孝亘、鴻池朋子、村瀬恭子、伊庭靖子
詩人 正岡子規、高村光太郎、北原白秋、木下杢太郎、萩原朔太郎、佐藤春夫、西脇順三郎、宮沢賢治、佐藤一英、尾形亀之助、稲垣足穂、岡崎清一郎、富永太郎、小熊秀雄、北園克衛、瀧口修造、草野心平、中原中也、長谷川四郎、まど・みちお、立原道造、三好豊一郎、新国誠一、木島始、春日井建、吉増剛造、田畑あきら子、山本陽子

[関連イベント]
O Jun × 小林孝亘 対談「読む形・見える言葉」
日時: 10月4日(日)14:00〜15:30
会場: ミュージアムホール
※申込不要、先着150名

講演会 窪島誠一郎「絵を語る、詩を語る」
日時: 10月12日(月、祝)14:00〜15:30
会場: ミュージアムホール

学芸員によるギャラリートーク
日時: 10月17日(土)、10月31日(土)各回14:00〜14:40
会場: 展示室Ⅱ
※申込不要、要観覧券
※関連イベント詳細は公式ホームページをご確認下さい。

メディア

スケジュール

2015年09月19日 ~ 2015年11月08日
10月13日は閉館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use