「ダブル・インパクト - 明治ニッポンの美 - 」展

東京藝術大学 大学美術館・陳列館

poster for 「ダブル・インパクト - 明治ニッポンの美 - 」展

このイベントは終了しました。

本展は、アメリカ、ボストン美術館と東京藝術大学のふたつのコレクションを合わせる“ダブル・インパクト”によって、19世紀後半からはじまる日本と西洋との双方向的な影響関係を再検討しようとする展覧会です。 開国以来、日本は常に西洋からの衝撃(ウェスタン・インパクト)を受けつつ近代化をはかりました。一方、来日した西洋人たちはニッポンの文化、芸術に驚き、インパクトを受けていました。これまで日本人がいかに西洋から衝撃を受けたかについては多く語られてきたものの、西洋人が日本からどのような衝撃を受けたかについては、いわゆるジャポニスムという範囲でしか語られてきていませんでした。しかもそれは、ほとんどフランスを中心としたヨーロッパ美術に限られた関係にとどまるものでした。
もちろん、西洋人一般が日本の浮世絵を賞賛したことは「ジャパニーズ・インパクト(日本からの衝撃)」の象徴的出来事でした。しかし、実際に幕末明治期に日本に訪れた西洋人たちは、驚きのまなざしをもってそこに暮らす日本人と同時代の日本美術とを発見し、紹介していたのです。
本展で紹介する東京藝術大学のコレクションはウェスタン・インパクトの象徴、ボストン美術館の近代コレクションはジャパニーズ・インパクトの象徴とみることができるでしょう。本展では、このふたつのコレクションを合わせることによってあらわれる、「明治ニッポンの美」の歩みを紹介してまいります。

[関連イベント]
-講演会「アメリカから見た 明治の美術」
日時: 2015年4月4日(土) 14:00〜15:30
会場: 東京藝術大学 美術学部中央棟1階第1講義室

-講演会「激動の明治<美術>の誕生物語」
日時: 2015年4月18日(土) 14:00〜15:30
会場: 東京藝術大学 美術学部中央棟1階第1講義室

-山下裕二×井浦新トークショー
「日本美術応援団、明治美術を応援する!」
日時: 2015年4月19日 14:00〜15:30
会場: 東京藝術大学 美術学部中央棟1階第1講義室 
店員: 150名
チケット: 2300円[展覧会鑑賞券付き]
お申し込みはHPをご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2015年04月04日 ~ 2015年05月17日
月曜日は休館

アーティスト

高橋由一河鍋暁斎横山大観黒田清輝

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use