トーマス・デマンド 「Model Studies(Kōtō-ku)」

タカ・イシイギャラリー

poster for トーマス・デマンド 「Model Studies(Kōtō-ku)」
[画像: "Temple 54", 2015, pigment print, 122.5 x 156.1 cm © Thomas Demand, VG Bild-Kunst, Bonn / JASPAR, Tokyo]

このイベントは終了しました。

タカ・イシイギャラリー東京は、5月下旬より東京・北参道に拠点を移します。新ギャラリースペースのオープニング展として、5月22日(金)から6月27日(土)まで、トーマス・デマンドの個展を開催いたします。タカ・イシイギャラリーでの8年ぶり3度目の個展となる本展では、日本人建築家ユニットSANAAの建築模型を被写体とした、「Model Studies」シリーズ最新写真作品約8点を展示いたします。
デマンドは、多くの場合主要メディアから引用した歴史的・社会的事件の記録写真・映像を基に、着色紙や段ボールを使用してその現場を実物大の模型で再現し、それを再び撮影した、まるで事件現場をのぞき込むかのような大型の写真・映像作品で知られています。イメージの力・装置性を検証するデマンドの作品はまた、現実を伝える手段であるイメージが報道やインターネットを通じて瞬時に世界中に配信されることで、それ自体がまるで現実そのものであるかのように振る舞い、現実が撮影されたイメージによって支配される近年の状況を巧みに示唆しています。
2011年に発表された「Model Studies」は、デマンドがロサンゼルスのゲッティ・リサーチ・インスティテュートで米国人建築家ジョン・ロートナー(1911-1994年)の建築模型に出会ったことを機に制作されました。同作品はデマンドが自分以外の他者の模型を撮影した初めての作品で、自身にとってイメージと並び重要な「模型」に思考軸が置かれています。
2013年よりデマンドは、東京・江東区にあるSANAAの事務所を数回訪れ、そこで生まれる様々なアイデアを形にしたいくつもの建築模型を撮影しました。ロートナーの模型は今は亡き建築家の思考の痕跡と呼べる物ですが、SANAAの模型はいつどこで芽をだし大樹に育つか分からないアイデアの生きた種としてオフィスに散在しており、また多様な国籍のスタッフが働く建築事務所において、コミュニケーションの媒介として機能しています。
制作方法や使われる素材、抽象化された細部やその暫定的な在り様など、デマンドと建築家の模型には多くの共通点がありますが、最終的にデマンドの模型はイメージに還元され、建築家の模型はその数百倍もの大きさの建築物に変貌します。デマンドは、建築模型をあるアイデアを具象化させた彫刻とみなし撮影することで、あらゆるアプローチを通して生じては廃棄されることを繰り返すアイデアの、束の間の美質に光を当てています。模型という概念が有する豊かな可能性を探るデマンドの最新作を是非この機会にご高覧ください。

[関連イベント]
トーマス・デマンド「BLOSSOM」
出版記念ブックサイニング
日時: 5月19日(火)20:00-21:00
会場: 代官山蔦屋書店 2号館1階アートフロア
※展示会場と異なりますのでご注意ください。

トーマス・デマンド 「Model Studies: Kōtō-ku」
刊行記念トーク&サイン会
日時: 5月21日(木) 19:00-21:30
会場: IMA Concept Store
※展示会場と異なりますのでご注意ください。
※要予約

※関連イベントお申込み方法・詳細は公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年05月22日 ~ 2015年06月27日

オープニングパーティー 2015年05月22日

アーティスト

トーマス・デマンド

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use