ルイス・ボルツ 「Sites of Technology」

ワコウ・ワークス・オブ・アート

poster for ルイス・ボルツ 「Sites of Technology」

このイベントは終了しました。

11歳の頃からカメラを持ち写真を撮っていた作家が、ミニマリズムの影響下、本格的に制作を開始したのは20代の頃でした。被写体と構図をめぐる考察を続けるうちに独自の視点を養い、1975年に参加したジョージ・イーストマン・ハウス国際写真美術館のグループ展「ニュー・トポグラフィクス」によって風景写真に新たな可能性をもたらし、世界中の写真家に影響を与えることとなりました。しかし作家自身は、もっぱらカメラを使って制作しながらも「自身を写真家と考えたことはなかった」と語っています。
今回は、1986年に制作されたシリーズ「Near Reno」と、1989年から1991年にかけて制作されたシリーズ「Sites of Technology」を展示します。
作家は、人の手で姿を変える自然の姿がもっとも明確にあらわれている場所としてアメリカ西部を選び、その風景を執拗に撮影し続けました。1977年にネバダ州の砂漠と住宅地を撮影したシリーズ「Nevada」を制作し、その9年後、ふたたびネバダ州を訪れ、北部の砂漠地帯のうちすてられた風景を撮影したのが、今回展示するモノクロのシリーズ「Near Reno」です。
その後、世界が大きな転換を迎えた1989年、作家は「Sites of Technology」のシリーズを開始しました。冷戦が終了し、ベルリンの壁が崩壊し、グローバリゼーションが始まったこの年、自然と人工物のせめぎあいの様を観察してきた作家の作品も転換期を迎えます。「Sites of Technology」では、フランスや日本の最先端の研究施設、原子力発電所、スイスの欧州原子核研究機構 (CERN) などを訪れて撮影しています。このシリーズ以降、作家の作品、展示方法に変化が見られているため「Sites of Technology」は時代の節目に位置するのみならず、作家自身の変遷を読み解く重要な鍵ともなっています。先端技術へのたんなる好奇心からこのシリーズを制作したのではなく「ハイテクノロジーに付帯する兆候」に興味があるのだと作家は述べています。
「別の太陽系から来た人類学者のように」世界を観察しようとし、先入観を捨て、意味や感情も捨て、いかなる価値観も込めないように撮影してきたという作家が1980年代に残した代表作の数々を展観します。

メディア

スケジュール

2015年09月12日 ~ 2015年10月17日

アーティスト

ルイス・ボルツ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use