松谷文生「煉想」

柿傳ギャラリー

poster for 松谷文生「煉想」

このイベントは終了しました。

松谷文生さんの黎器の特徴は、すぼんだ底から立ち上がる浮遊感のある独特なフォルムであろう。その制作方法は、まず粘土を成形し、乾燥させた後に表面の形を締める意味で削り、 全体に筋を入れて、その後釉掛けして素焼し、さらに釉掛けして本焼し、最後はサンドペーパーで仕上げる。表面に細かな線が施され、黒から白に変化していく微妙な黎器は、この複雑な工程を繰り返すことで初めて誕生する。今回の個展には、そうした黎器、黎碗を含む新作80点ほどが展示される。

メディア

スケジュール

2015年04月24日 ~ 2015年04月30日

アーティスト

松谷文生

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use