「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」

東京都美術館

poster for 「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」
[画像: クロード・モネ 「印象、日の出」(1872) 油彩、カンヴァス Musée Marmottan Monet, Paris © Christian Baraja]

このイベントは終了しました。

マルモッタン・モネ美術館には、印象派を代表する画家クロード・モネ(1840-1926)の、86歳で亡くなるまで手元に残したコレクションが所蔵されています。本展は、息子ミシェルから同美術館に遺贈されたこのモネ・コレクションを中心に、約90点をご紹介するものです。子供たちの成長を記録した作品や友人ルノワールによるモネ夫妻の肖像画、旅先の風景画、白内障を患いながらも描き続けた晩年の作品などを通して、モネの豊かな創作の世界に迫ります。
晩年のモネは、光の変化に伴って移り変わる水面を見つめつづけました。ジヴェルニーの庭を描きながらも、睡蓮や太鼓橋の形態は次第に抽象化されていき、色彩溢れる画面が生み出されていきます。ときに荒々しい筆触をみせる最晩年の充実した作品群は、モネの眼を通した水の庭を体感させてくれるでしょう。さらに本展には、非常に早い時期から印象派の作品を評価したド・ベリオ医師のコレクションから、「印象派」の由来となった《印象、日の出》が期間限定で特別出展されます。

[関連イベント]
モネ展 アート・トーク
テレビ番組の公開収録
『東京暇人~TOKYO hi – IMAGINE~』(日本テレビ)の公開収録が行われます。
日時: 10月2日(金) 19:00~20:00
会場: 東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)
出演: 山田五郎、平野綾
※聴講無料。当日13:00より講堂前で整理券を配布し、定員になり次第、受付を終了。開場は18:30です。
※テレビカメラでの収録の際、客席が映り込む場合がありますので、予めご了承ください。収録の模様は、後日、「東京暇人」(日本テレビ)などで放送の予定です。

イブニング・レクチャー
本展担当の学芸員による展覧会の見どころを解説します。
日時: 10月9日(金) 18:30~19:00
会場: 東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)
講師: 大橋菜都子(東京都美術館 学芸員)
日時: 11月6日(金) 18:30~19:00
会場: 東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)
講師 大橋菜都子(東京都美術館 学芸員)
※聴講無料。ただし本展観覧券(半券可)が必要です。
※当日18:10より開場し、定員になり次第、受付を終了。

※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年09月19日 ~ 2015年12月13日
休館日: 月曜日、10月13日(火)、11月24日(火) ※ただし、9月21日(月・祝)、10月12日(月・祝)、11月2日(月)、11月23日(月・祝)は開室。

アーティスト

クロード・モネ

Facebook

Reviews

Calum Sutherland tablog review

Bringing Monet to Tokyo: An Interview

The people behind a major show from Musée Marmottan Monet discuss how the exhibition was achieved at the Tokyo Metropolitan Art Museum.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use