「近代日本の社会と絵画 戦争の表象」展

板橋区立美術館

poster for 「近代日本の社会と絵画 戦争の表象」展
[画像: 寺田政明「たけのこ」(1943) ]

このイベントは終了しました。

終戦から70年が経過した本年、油彩、水彩画、戦地のスケッチなど板橋区立美術館のコレクションを通じて、第二次世界大戦を中心とする「戦争」を芸術家がどのように表象したのかを検証する展覧会です。また、今回は特別展示として戦後、職場美術協会に関わり、中央美術研究所を創設した画家・杉本鷹の作品(寄託)もご紹介します。

[関連イベント]
記念講演会
日時: 2015年5月10日(日) 14:00〜15:30
講演者: 小沢節子
場所: 1階講義室
参加費: 無料、申込不要
定員: 100名

ギャラリートーク
日時: 2015年4月11日(土)、26日(日)、5月3日(日)、17日(日)、6月7日(日)
各回とも、14:00〜50分程度。
場所: 2階展示室ロビー
参加費: 無料

メディア

スケジュール

2015年04月11日 ~ 2015年06月07日
ただし、5月4日(祝)は開館し、5月7日(木)は休館

アーティスト

寺田政明松本竣介麻生三郎山下菊二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use