淺井裕介 「絵の種 土の旅」

箱根彫刻の森美術館

poster for 淺井裕介 「絵の種 土の旅」
[画像: 淺井裕介「yamatane」(2014年) ライスギャラリー(ヒューストン、アメリカ)]

このイベントは終了しました。

淺井裕介は、土や埃、道路の白線など身近な素材を用いてさまざまな場所で絵画制作をしている作家です。 ≪泥絵≫と呼ばれるシリーズは、主に現地の土を採取し水で溶いて、直接、壁や板に描かれます。また、2003年より続けている≪マスキングプラント≫という植物画シリーズは、マスキングテープで制作した植物や動物の形の上にペンで描いた造形が絡み合い、イメージが無限の広がりを見せています。
今回の展示では、作家がこれまで各地で採取した土に加えて、当館や箱根の名所で採取した土も使われます。1階では、壁面いっぱいの泥絵作品に、公開制作によって新しくこの場所で生まれてくる形がつけ加えられます。2階には、これまで長年続けてきた≪泥絵≫と≪マスキングプラント≫が融合した「木のつけ根のような、何かの巣のような、それ自体が生物のような」(作家の言葉)巨大な造形が新たな挑戦として生まれます。無数の物語が相互に呼応して出現する神話的な世界を体感できる、またとない機会となります。
展示会場: 本館ギャラリー

[関連イベント]
アーティストトーク
日時: 9月19日(土) 13:30〜14:00
会場: 本館ギャラリー
内容: 淺井裕介氏と担当学芸員によるギャラリートークを行います。

公開制作
日時: 9月20日(日) ~9月24日(木) ※時間は未定。内容が決まり次第、ホームページで広報します。
会場: 本館ギャラリー

イベント「火で見る日」
日時: 9月19日(土)、12月19日(土)、2016年2月28日(日)各日15:00~17:00
会場: 本館ギャラリー
協力: ペガサスキャンドル株式会社
内容: ろうそく100~150個を床に置き、その灯りで作品を鑑賞します。
※関連イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年09月19日 ~ 2016年02月28日

アーティスト

淺井裕介

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: January–February 2016

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond this month and next.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use