「いぬ・犬・イヌ」展 

渋谷区立松濤美術館

poster for 「いぬ・犬・イヌ」展 

このイベントは終了しました。

渋谷というと、誰もが思い起こすのは忠犬ハチ公の像です。イヌは、主人に誠実な性質から、「人間の最良の友」と称され、最も人に親しまれてる動物と言ってよいでしょう。日本の犬の歴史を顧みると、古く縄文時代から狩猟のために飼われたといわれ、家畜の中では最も人間との関係が古い動物です。古墳時代には埴輪が象られ、中世の絵巻物から俵屋宗達・円山応挙などの作品にも登場しています。また江戸期には西洋渡来の洋犬の堂々とした姿が、博物学的興味・風俗的興味から画題として盛んに描かれています。近代以後もイヌは多くの芸術家に題材として取り上げられてきました。本展では、埴輪に始まり、現代まで描かれ象られてきた作品約90点を陳列し、犬と人との関わりの歴史を顧みるとともに、その愛くるしい姿をめでたいと思います。

メディア

スケジュール

2015年04月07日 ~ 2015年05月24日
5月4日は開館、5月7日は休館

アーティスト

安藤照長澤蘆雪 畠中光享中島千波

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use