西村盛雄 「lesen・読」

タグチファインアート

poster for 西村盛雄 「lesen・読」

このイベントは終了しました。

今回の個展では、西村の中心的な仕事である「甘露の雨」のシリーズからブロンズによる作品を展示いたします。もっとも長く制作している蓮の葉をモチーフにした作品に加え、蓮の花托や、種をモチーフにした新たな「忘却」の作品が出品されます。どの作品もすべて、積層したベニヤ板の角を落として滑らかな曲線を得る、という独自の方法によって制作された原型から鋳造されたものです。
西村が一貫して試みているのは、蓮の葉や実を写実的に再現することではなく、それを手がかりとして人間と自然、世界との関係を探っていくことです。
lesen はドイツ語で「読む」という意味の動詞や、頭文字を大文字で表記したLesen は名詞の「読書」「拝誦」にあたります。今回の展示は鑑賞という行為を問いかける意味で「lesen」というタイトルが付けられました。彫刻作品に対して「読む」という接し方を提示します。

メディア

スケジュール

2016年05月21日 ~ 2016年06月18日

アーティスト

西村盛雄

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use