「ポール・アイズピリ 追悼展」

ギャルリーためなが

poster for 「ポール・アイズピリ 追悼展」
[画像: ポール・アイズピリ「 ベレー帽の若い女」、キャンバスに油彩100×73 cm]

このイベントは終了しました。

アイズピリの,初期から晩年の作品を至るまでを網羅しご紹介致します。
「年を重ねるごとに光や色やみずみずしい若さに、より惹かれるようになった。私のパレットはますます若返ってきた。」と晩年アイズピリが語ったように、作品は年齢と共により一層の輝きを増していきました。
住まいとアトリエを構えていたパリの街並みや、家族と過ごす南仏ボーヴァロンやサントロペの風景、故郷であるバスク地方のビアリッツなどをテーマに、アイズピリは生への歓びに満ち溢れる作品を生涯描き続けました。晩年には馴染み深いモチーフである飛行機や太陽、自転車に乗った少年や魚たちが悠々と空に舞い遊ぶ画風を生み出しています。全てから解き放たれたかのような自由闊達さで描かれた作品は、無邪気な夢の世界へと見るものを誘います。

メディア

スケジュール

2016年04月13日 ~ 2016年05月29日
開館時間: 10:00〜19:00、日曜日と祝日は11:00 - 17:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use