吉村益信 + 篠原有司男 + 小島信明 展

東京画廊+BTAP

poster for 吉村益信 + 篠原有司男 + 小島信明 展
[画像: 小島信明「経過スルコトニツイテ」(1987) FRP、アクリル、キャンバス198×161.5×53cm]

このイベントは終了しました。

吉村、篠原、小島は1960年頃から読売アンデパンダン展を中心にハプニング的作品を発表し始めま した。同展を母体にネオ・ダダイズム・オルガナイザーズと呼ばれた前衛集団が結成され、街頭で のパフォーマンスや廃品を使ったオブジェ作品などで、当時の美術界に大きな衝撃を与えました。 篠原と吉村はグループの創生メンバーです。
戦争と占領の時代に育った彼らは、欧米の大衆文化や戦後美術を自文化のように吸収しつつ、日本土着の大衆文化を素材として引用し、作品を制作しました。 本展では60年代当時の貴重なオリジナル作品を中心に構成する予定です。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

メディア

スケジュール

2016年05月21日 ~ 2016年06月18日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use