竹岡雄二 「台座から空間へ」

埼玉県立近代美術館

poster for 竹岡雄二 「台座から空間へ」

このイベントは終了しました。

作品を「つくること」ではなく、「見せること」に視点を置くならば、果たして芸術はどのように浮かび上がってくるのでしょうか。この問いをめぐって制作を続けてきたのが、国際的な舞台で活躍するドイツ在住の美術家、竹岡雄二 (1946年-) です。
彫刻を学んだ竹岡は、作品を「見せる」際に必要となる台座の存在に注目し、台座そのものをモチーフとする制作に着手します。厳選された素材、形、色彩によって制作された台座は、私たちの視線を誘いこむ彫刻的な姿をまとった作品としてあらわれます。その後、ガラスケース、ショーケース、棚など、陳列するための仕組みをモチーフとした作品に加え、陳列のための空間に眼を向けた制作を手掛けていきます。こうして「見せること」を探るために台座から始まった問いかけは、展示される空間・場所・環境へと拡がっていきます。
本展は埼玉県立近代美術館と遠山記念館で同時開催されます。埼玉県立近代美術館では、約30年間のドイツでの活動を20点あまりの代表作で振り返ります。さらに「見せる」という観点から、竹岡が独自のコンセプトで遠山記念館所蔵の伝統的な美術品を選び、展示を行います。これまでの活動を回顧するだけでなく、作者が新たな試みに挑む展覧会です。

[関連イベント]
アーティスト・トーク「竹岡雄二氏に聞く」
日時:7月9日(土)15:00〜16:30 (開場は30分前)
聞き手:建畠晢 (当館館長)
定員:100名 (当日先着順)
参加費:無料

担当学芸員によるギャラリー・トーク
日時:7月30日(土)15:00〜16:00
参加費:企画展観覧料が必要です。

キュレーターズ・トーク、ノーカット版
日時:8月21日(日)13:00〜16:30 (開場は30分前/出入自由・休憩有)
語り手:平野到、梅津元(担当学芸員)
定員:100名 (当日先着順)
参加費:無料

※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

 

メディア

スケジュール

2016年07月09日 ~ 2016年09月04日

アーティスト

竹岡雄二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use