「サロンクバヤ - シンガポール 麗しのスタイル -」展

渋谷区立松濤美術館

poster for 「サロンクバヤ - シンガポール 麗しのスタイル -」展

このイベントは終了しました。

古来、航路が重なりあう交通の要衝に位置してきた国際性豊かなシンガポール。その地に生きるプラナカン(Peranakan)とは、中国系やインド系などの移民の子孫を指します。彼らはアジアのみならずヨーロッパ諸国の文化を吸収し、独自の異種混淆文化を形成してきました。そのプラナカン文化を象徴するのが、繊細なレースなどで装飾されたクバヤというブラウスと、サロンと呼ばれる色彩豊かなジャワ更紗の腰衣を組み合わせた独自のファッション「サロンクバヤ」です。この展覧会は、日本・シンガポール外交関係樹立50周年を記念して開催するもので、プラナカン文化の研究家であるピーター・リーをゲスト・キュレーターに迎え、シンガポール国立アジア文明博物館およびプラナカンの名門であるリー・キップリー夫妻のコレクションを中心に、18世紀から20世紀のサロンとクバヤ、インド更紗のローブ、ジュエリーやビーズのサンダルなど約140点を紹介します。ファッションという視点から、シンガポール文化の重層性、更に日本とのかかわりまで読み解こうとするものです。

[関連イベント]
ワークショップ「華麗なるプラナカンビーズ刺繍で小物づくり」
シンガポールの伝統的なプラナカンビーズ刺繍で小物をつくります。作品はお持ち帰りになれます。
日時: 9月17日(土) 午前の回10:00~13:00、午後の回14:00~17:00
会場: 地下2階ホール
講師: 下山田幸子(プラナカンビーズ刺繍作家)
対象: 高校生以上
定員: 各回10名
参加費: 2000円(材料費)

ワークショップ 「夏休み親子見学会&わーくしょっぷ」
「サロンクバヤ:シンガポール 麗しのスタイル」展を鑑賞後、ミニチュア民族衣装をつくります。
日時: 8月23日(火)、24日(水)14:00~16:00
対象: 小中学生と保護者
定員: 50名

講演会 「サロンクバヤとシンガポール・プラナカンのファッション (仮題)」
本展のゲスト・キュレーター、ピーター・リー氏が、サロンクバヤ、更紗、ジュエリーなどのプラナカン・ファッションおよびシンガポールの文化についてお話します。
日時: 7月31日(日)14:00~(13:30より開場)
会場: 地下2階ホール
講師: ピーター・リー(本展ゲスト・キュレーター)
定員: 80名

※お申し込み方法など詳細は公式ホームページをご覧ください。

メディア

スケジュール

2016年07月26日 ~ 2016年09月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use