「いきとしいけるもの」展

ハラ ミュージアム アーク(群馬)

poster for 「いきとしいけるもの」展
[画像: 「仏涅槃図」一幅 桃山時代【後期展示】]

このイベントは終了しました。

私たち人間にとってはるか昔から、狩猟の対象や労働力、家畜やペットとして身近ないきものたちは、文学の世界では主役としてしばしば登場します。美術の世界においても、時代や地域をこえて絵画・彫刻・工芸作品などに表現されてきました。そこには、宗教的・文学的な意味合い、富や長寿、子孫繁栄といった願い、科学的関心など、さまざまな理由があります。今回は、身近な昆虫や動物から想像上のいきものまで、それぞれに向けられたまなざしと、それらに込められた思いに心をよせる機会とします。展示室で見るいきものたちは、声を出したり動いたりすることはありません。けれども、触れたくなるような可愛らしさや滑稽な仕草、あるいは不気味さなど、真に迫るものも感じられるはずです。

メディア

スケジュール

2016年03月12日 ~ 2016年05月18日
3月31日・ 5月5日は開館、4月14日は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use