大矢真梨子 + Nerhol + 三瓶玲奈

YKG Gallery

poster for 大矢真梨子 + Nerhol + 三瓶玲奈

このイベントは終了しました。

大矢真梨子の写真作品は、教会のなか、ステンドグラスを通して揺らぐ外光を捉えたシリーズ「Lumen de Lumine」からの作品です。ある光は教会内で反射して輝き、ある光は教会内の存在物を照らし出す。Nerholの作品は、いずれも昨夏に発表された「01」と「Slicing the Onion」からの作品です。インターネット上で跋扈する様々な画像に、プログラム言語の最小かつ最大単位である「0」と「1」という数字を刻んだ「01」と、タマネギをモチーフに少しずつ皮は剥いでは撮影を行い、それらを重ね合わせて掘り込んだ「Slicing the Onion」。三瓶玲奈の絵画は、抽象と具象という両極を行き来するようにして描かれます。作家の身近に存在しているもの、作家が経験したこと、作家の周囲で立ち上がる現象―それらが、一見簡潔に見えながらも深く練り上げられた絵筆のストロークと絵の具のバランスによって描き出され、あるときは抽象的な、あるときは具象的な作品へと結実します。

メディア

スケジュール

2016年01月10日 ~ 2016年02月13日

アーティスト

大矢真梨子Nerhol三瓶玲奈

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use