poster for 宮原夢画 「Renaissance」
[画像: Muga Miyahara “Untitled”, 2015, photo collage on paper, paper size: 51.5 x 36.4 cm © Muga Miyahara]

このイベントは終了しました。

タカ・イシイギャラリーでの初めての個展となる本展では、宮原が昨年より制作を始め、現在も続いている最新作「Renaissance」と「Radiation」から、合わせて約13点を展示いたします。
アートディレクターであった父の影響を受け、幼い頃より芸術に親しんできた宮原は、10代後半には写真を志し、その後ファッションを中心とした広告写真やエディトリアルの分野の第一線で活動を続けてきました。他方で作家としては、写真の歴史や古典技法にも関心を深め、眼前の瞬間を捉えるスナップ写真から、絵を描くが如くイメージを構築するセットアップ写真まで、宮原は異なる技法・ジャンルを軽やかに行き来し作品を発表しています。また、広告写真の経験を経てモード誌の本場・西洋の模倣に留まることに違和感を覚えた宮原は、自身のアイデンティティを模索する中で日本の歴史や伝統文化に対する造詣を深め、そこでの学びや気づきを感性的に自身の作品制作へと反映させています。
自身のプリントを破り、散らばったパーツを無造作にコラージュした「Renaissance」シリーズは、作家にとってまさにそこに新たに生命を吹き込む営みであり、自身が操作しうる小宇宙の表出でもありました。現実に存在する立体物を平面に写し取ったプリントがばらばらになり、イメージの固有性をある部分では失い、またある点ではその記号性を強めながら、他のパーツと混ざり合わさる過程に、宮原は覗き穴から壁の向こう側を見る時の高揚感を感ずると言います。完成図を念頭に置いた精密なパズルとは異なり、本シリーズにおけるコラージュのパーツは画面の上を自由に動き回り、作家の手は自身の意識を超えてその世界を支配しています。
こうした絵やものによる子供の遊びにも似た要素は、「Radiation」においても顕著に表れています。作家が幼少期に好んで描いていた、色を重ねた上を削ると下に塗った色が出てくるクレヨン画に着想を得た本シリーズは、同じく宮原が強く惹かれているという放射状のモチーフをイメージに重ねています。宮原は、放射状に広がる光に生命のエネルギーの放出と収斂、さらにはその呼応にこちらとあちらの世界の接地を見出しています。本作においては、放射状のモチーフは無為の空間を象徴するように全面に、あるいは無数に配され、宮原にとっての祈りにも近しい表現として示されています。

メディア

スケジュール

2016年08月20日 ~ 2016年09月17日

オープニングパーティー 2016年08月20日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

宮原夢画

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use