ベアーテ・ミュラー 「バック・トゥー・フロント」

タグチファインアート

poster for ベアーテ・ミュラー 「バック・トゥー・フロント」
[画像: ベアーテ・ミュラー「無題」(2011) Cプリント エディション5 26x38cm]

このイベントは終了しました。

ベアーテ・ミュラーが被写体として選んでいる対象の多くは、人気のない静かで地味な風景です。偶然出会った瞬間をスナップショットとして切り取っています。多くの現代の写真作家が試みているような表現、すなわちエキゾチックな風俗やセンセーショナルな出来事のドキュメンテーションを提示することによって物語を喚起しようとすること、また特定の素材や題材を選んで、それらを並列させて類型化したりすることが彼女の関心事ではありません。デジタルカメラを活用していますが、特殊な撮影方法を採用したり、撮影後に画像を合成、加工したりすることで、独自の表現を試みようとしているわけでもありません。プリントや額装の仕方、展示方法も含めて極めてオーソドックスな手法を用いています。
コラージュ作品も制作していることからわかるように、彼女にとって写真は、絵画が画家にとってそうであるような、自らが探求したい世界を表現するための手段にしか過ぎません。彼女は自らのヴィジョンやリアリティーが出現する機会に備えて常に準備し、平穏で平凡な日常世界を見渡します。ある時ある場所で、様々な素材の質感や、それらの構造や構成、色彩や光のコンビネーションのなかにそれは実現し、彼女はその瞬間を確実に捉えます。

メディア

スケジュール

2016年02月27日 ~ 2016年03月26日

アーティスト

ベアーテ・ミュラー

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use