「瑛九1935-1937 闇の中で『レアル』をさがす」展

東京国立近代美術館

25日後終了

瑛九(えいきゅう、本名:杉田秀夫、1911-1960)は1936年にフォト・デッサン集「眠りの理由」で鮮烈なデビューを飾り、その後さまざまな技法を駆使しながら独自のイメージを探求した芸術家です。当館は近年、彼の評伝を著した友人の画家、山田光春の旧蔵していた作品と資料を収蔵しました。本展は、その中から約50点の初公開作品、書簡などの関連資料に加え、以前から所蔵している作品もまじえて、「レアル(リアル)」を求めて苦闘するデビュー前後の瑛九の実像を紹介します。

[関連イベント]
講演会「書簡から読み解く 1935 -1937年の瑛九」
日時: 12月17日(土)14:00~15:30、1月7日(土)14:00~15:30
会場: 講堂(地下1階)
講師: 大谷省吾(当館美術課長・本展企画者)
定員: 先着140名
参加費: 無料

メディア

スケジュール

2016年11月22日 ~ 2017年02月12日
12月28日~1月1日は休館

アーティスト

瑛九

入場料

一般 430円、大学生 130円、高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
金曜日は20:00まで
月曜休館
※入館は閉館の30分前まで。展示替期間・年末年始休館、月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休

アクセス

〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
電話: 03-5777-8600

東京メトロ東西線竹橋駅1b出口徒歩3分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

Jesse Freeman tablog review

The Light and Shadows of Ei-Q

MOMAT takes another look at Ei-Q, a misunderstood artist out of step with his times.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use