「平面を超える絵画: インスタレーションと日本画的感性」展

武蔵野美術大学 美術館・図書館

poster for 「平面を超える絵画: インスタレーションと日本画的感性」展
[画像: 出月秀明《The Three Cornered World》(2008)]

このイベントは終了しました。

本学で日本画を学んだのち、その枠組みを超えて立体的、空間的な作品を制作している出月秀明、栗林隆、吉賀あさみの3名に焦点をあて、彼らの作品を「平面を超えた絵画」として捉える試みである。風景など自然への感性や装飾的造形性をはらみながらも、メディウム的規定を超えた表現を模索する作家たちの、新たな作品のあり方を探る。

メディア

スケジュール

2016年05月23日 ~ 2016年08月21日
8月11日から8月19日は休館

アーティスト

出月秀明栗林隆吉賀あさみ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use