麻のきもの・絹のきもの

文化学園服飾博物館

poster for 麻のきもの・絹のきもの

31日後終了

縄文や弥生時代の遺跡からの出土品や、『魏志倭人伝』の記述で知られているとおり、日本人は古代より衣服の材料として麻と絹を利用してきました。麻は高温多湿の日本の気候において良く育ち、絹もまた蚕蛾の育ちやすい環境である日本においては、自分たちで管理し身近に手に入れられる材料でした。本展では、麻と絹、それぞれが糸となるところから、織られて布となり、着物になるまでの経過をたどり、それぞれの材料の特色や染織技術との結びつきを見ていきます。

メディア

スケジュール

2017年01月06日 ~ 2017年02月20日

ホームページ

http://museum.bunka.ac.jp/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 500円、大学生・専門学校・高校生 300円、小学生・中学生 200円、障害者手帳提示とその介護者 無料

アートスペースの開館時間

10:00から16:30まで
金曜日は19:00まで
日曜・祝祭日休館
金曜日は、会期中2回のみ19:00まで開館〈要電話確認)

アクセス

〒151-8529 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル1F
電話: 03-3299-2387 ファックス: 03-3299-2602

JR・京王線・小田急線 新宿駅(南口)より徒歩7分、都営地下鉄新宿線・大江戸線 新宿線(新都心出口6)より徒歩4分 

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use