石川昌浩 + サイトヲヒデユキ 「二人展」

馬喰町 ART + EAT

poster for 石川昌浩 + サイトヲヒデユキ 「二人展」

このイベントは終了しました。

二人のよく似た大男が、師走の馬喰町で会う約束をしているのです。一人は石川昌浩といって岡山の早島町に「石川硝子工藝舎」を立ち上げ、毎日ハチミツ色のコップを吹いている。一人はサイトヲヒデユキといって、東京杉並に「書肆サイコロ」を構え、毎日沈思熟考してデザインの種を練っている。はにかんだり、照れたり、ムッとしたりすぐ顔に出る年頃もあったでしょうが、今や二人とも堂々たる大物に。それでも、ふわふわした毛に包まれた無垢な生き物のような中身は少しも変わらないのです。もうすぐ、思わず手に取って光にかざし、次には無造作に水を満たしてごくごく飲みたくなる石川さんのコップが、ずらりと馬喰町ART+EATの棚に並びます。サイトヲさんは、そんな石川さんのガラスをテーマに、一冊の本をつくろうとしています。その二人の仕事が「そのうちに逢ふのです」馬喰町ART+EATで。

メディア

スケジュール

2016年12月10日 ~ 2016年12月24日 17:00
金曜・土曜は11:00~21:00まで開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use