オオトモクミコ 「未必の故意」

バンビナート・ギャラリー

poster for オオトモクミコ 「未必の故意」
[画像: オオトモクミコ]

このイベントは終了しました。

前回の個展では、実存主義的思考が深く影響しているオオトモのコンセプトを背景に、葛藤や苦悩が引き起こす絶望の渦中に在る"生気"が反映された作品を発表しました。本展は根底こそ変わらないものの、主として「未必の故意」に焦点を当て構成されています。 アメリカ同時多発テロと東日本大震災を実感できない無感情にも似た漂泊感、故郷・福島に対する遠く鈍い感情 、家族との関係性、およそ10年間を過ごしたニューヨークでの実体験を通じて、今なお拡がり続ける物理的、心理的距離をリアルに感じつつ取り組んだ新作と、未完の近作に新たに手を加えた作品を発表します。

メディア

スケジュール

2016年08月31日 ~ 2016年09月18日

アーティスト

オオトモクミコ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use