「中国の写真家・莫毅80年代Part II『莫毅:1987-1989』展」

Zen Foto Gallery

poster for 「中国の写真家・莫毅80年代Part II『莫毅:1987-1989』展」
[画像: 「1m、後ろの風景 」シリーズ (1988) ]

このイベントは終了しました。

莫毅(モ・イー、 1958-)は、1982年から独学で写真を始めます。当時の莫は望遠レンズを用い、率直な撮り方で写真の真実性と自己の表現を模索していました。1990年代に入り、莫の作品にはパフォーマンスの要素が強く現れてきます。天津胡同の路地の壁での「胡同の写真」の展覧会をはじめ、棒に固定したカメラを用いて地面から雑踏を往来する人々の足元を撮る「犬の目」、カラー写真によるフォト・コラージュ「符號城市」など、伝統的な写真の手法から離れて制作するようになります。2000年代には写真によるインスタレーション作品を発表するなど、30年以上にわたって写真による多様な表現を提示し続けています。

禅フォトギャラリーでの3度目の個展となる本展では、1980年代に制作された莫の初期作品を、1987年を分岐点に2期に分け展示します。2015年4月7日から4月22日まで開催された第1期では「風景」と「父親」を展示、第2期となる本会期においては「騒動」(1987)、「1m, 我身後的風景」(1988-1989)、そして六四天安門事件直後に撮影された「搖蕩的車廂」(1989)シリーズをご紹介します。

メディア

スケジュール

2016年04月09日 ~ 2016年05月11日

オープニングパーティー 2016年04月09日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

莫毅

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use