Hoonida Kim 「Space Composition」

SOBO

poster for Hoonida Kim 「Space Composition」

このイベントは終了しました。

Hoonida Kimは、フィールドレコーディングにより採取した音をSoundscape Apparatusという装置に記録し再生することで、新たな音空間を再構築する試みを行っています。Apparatus(アパラタス)とは、「Device」のラテン語元であり、機械、装備、身体的な感覚器官などを表します。ある特定の目的のために作られた機械、記録、保存を意味するこの言葉は、単に機械的な装置という意味を超え、あるものとその他のものをつなげる通路、チャンネルの意味も含みます。
「Space Compositionーsoundscape apparatusシリーズ」では、多数のsoundscape apparatusが空間に配置されていて、それらは外部の影響により生命力を得ます。つまり、それぞれの日常の音が記録された装置(soundscape apparatus)が、パフォーマーや鑑賞者により動的に移動し、それによって音の有機的なレイヤーが空間に広がるのです。鑑賞者はこの装置の音と振動が作り出す独特な環境の中に存在しながら、聴覚的、触覚的刺激、そしてそれ以上の共感覚的活性化を体現します。空間の中で生まれる様々な音は、空間の中で相互作用を起こし、 即興的にまるで一つの曲を演奏するようにサウンドを作り出します。その空間に音風景を再配置する プロセスが「空間作曲(Space Composition)」なのです。

メディア

スケジュール

2016年11月04日 ~ 2016年11月19日

アーティスト

Hoonida Kim

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use