「Modern Beauty -フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代」展

ポーラ美術館

poster for 「Modern Beauty -フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代」展
[画像: ピエール・オーギュスト・ルノワール「La Coiffure」(1888)]

このイベントは終了しました。

ポーラ美術館では、財団設立20周年を記念して、コレクションの特徴のひとつである「女性の美」に焦点を当てる展覧会を開催いたします。19世紀のフランスでは、産業革命の波がファッションにも大きな影響を与え、ファッションメディアの発達によって流行の広まり方も変化しました。時を同じくして、美術批評家で詩人のシャルル・ボードレールは、「一時的なもの」に「永遠」を見出して表現することを近代の美とし、流行を映し出すファッションは、絵画の重要な主題のひとつとなりました。本展では、19-20世紀に描かれた絵画を中心に、同時代のファッション誌やファッション・プレート、装飾品、化粧道具、ドレスなどをあわせて約210点を展示し、100年間のファッションの変遷をたどり、ファッションが描かれた背景や意味について考えます。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2016年03月19日 ~ 2016年09月04日
6月16日は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use