志村信裕 「歓迎光臨」

YUKA TSURUNO GALLERY

poster for 志村信裕 「歓迎光臨」
[画像: ring ring, 6 channel video projection on the 120000 golden bells Installation view at Taipei Artist Village Photo: Chang-Chih Chen]

このイベントは終了しました。

ユカ・ツルノ・ギャラリーでの2回目の個展となる本展では、志村の代表作である《ring ring》の日本初展示を行います。2010年に台北国際芸術村で3ヶ月間の滞在制作をした志村は、旧正月を控えて街中に拡がる金と赤の世界に圧倒されて そこから2つの作品を制作しました。一つは金魚の映像を樹木に投影した《Goldfish》。そしてもう一つが金の鈴をスクリーンに見立てた《ring ring》です。台北では、六角形のすだれ状に吊るされた12万個の鈴のスクリーン上に俯瞰撮影された波打ち際の風景が投影され、天に向かって寄せてはひき返す水の現象は、旧正月には欠かせない花火のイメージにも重なりました。 作品タイトルである《ring ring》は、鑑賞者が作品の中に入る際に鈴が鳴る(ring)ことと、環状(ring)のスクリーンに由来していますが、志村が台北ですぐに耳で覚えた 「歓迎光臨(ホワンイングワンリン:いらっしゃいませ)」の臨(ring)にも由来しています。この臨(ring)は「come」を意味し、光の中に人が 入ることで完成するこの作品にぴったりだと確信したと志村は述べています。台北の情景から生まれた作品は、ここ日本においても鈴の音色とともに黄金の光の中に鑑賞者を招きます。

メディア

スケジュール

2016年03月19日 ~ 2016年04月16日

オープニングパーティー 2016年03月19日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

志村信裕

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use