「映像展: メタ以前 vol.1『カントリー・ジェントルメン』」上映会

Gallery OUT of PLACE TOKIO

poster for 「映像展: メタ以前 vol.1『カントリー・ジェントルメン』」上映会

このイベントは終了しました。

アリストテレスは『自然学』で “およそ存在するところのものは、自然によって存在するものと、それ以外の原因によって存在するものとに大別される” と唱え、それに続く形でまとめられる事になった論考は meta(メタ) + physika(フィジカ)と呼ばれた。現在我々が「メタ」という言葉を使用する際に語られる何かを超越したようなさまは、まさに metaphysics の意味する「形ある自然を超越した事柄の学問」を指し示し、それらはしばしば非科学的・非学問的なものとして受け取られる事が多い。
しかし多くのアーティストはこの「メタ」的視点を取り入れる事によって多くの考察や気付きを促している事も事実である。現代アートの中でも比較的新しいメディアとして登場した映像は、「メタ」的視点を充分に活かす事が出来るのだが、「ミイラ取りがミイラになる」ように代謝不全を起こしているのではないだろうか?今回の企画では映像が映像として「ただ其処にある」ような、シンプルな立ち位置から発せられる映像表現を紹介致します。

vol.1では、吉田悠(Open Reel Ensemble)によるドキュメンタリー作品「カントリー・ジェントルメン」を上映いたします。本作は築百年の日本家屋を舞台に上演された山川冬樹 × 藤田陽介「カントリー・ジェントルメン」を、吉田悠が監督・撮影・編集したものです。今回は特別に フルHD バージョンでの上映となります。

上映作品: 「カントリー・ジェントルメン」
出演: 山川冬樹、藤田陽介、fanaco、いしわためぐみ
監督・撮影・編集: 吉田悠 (Open Reel Ensemble)
企画制作: 「蚕の家で」プロジェクト

開館日: 7月29日、30日、31日、8月5日、6日、7日
上映開始時間: 12:10〜 / 13:40〜 / 15:10〜 / 16:40〜 / 18:00〜
全日程入替え上映となります。(上映時間 約57分間)
上映開始後の途中入場は出来ませんのでご注意ください。

メディア

スケジュール

2016年07月29日 ~ 2016年08月07日
月曜日〜木曜日は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use