「フランスの風景 樹をめぐる物語 - コローからモネ、ピサロ、マティスまで -」展

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

poster for 「フランスの風景 樹をめぐる物語 - コローからモネ、ピサロ、マティスまで -」展
[画像: モーリス・ドニ「小さなブルターニュの女性たち、沼のほとり」(1892) 油彩、キャンヴァス 29.5×36.5㎝ 個人蔵]

このイベントは終了しました。

「樹木」というモティーフを通して、印象派を中心とするフランス近代風景画の進展を探る展覧会です。本展覧会はロマン派やバルビゾン派にはじまり、印象派を経てフォーヴまで、「樹木」が風景画の展開にどのような役割を果たしてきたのかを展覧します。絵画の独立した主題として樹木を描き、樹木を介した光と影を追求し、その色や形を絵画の要素としてとらえた画家たちが、「樹木」をどのように描いてきたのか、フランスを中心とする国内外の美術館、ならびに個人所蔵作品から樹木に対する画家たちの想いが込められた作品約110点を展示し、その変遷をたどります。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2016年04月16日 ~ 2016年06月26日
月曜日は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use