竹中浩「白磁と色絵」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 竹中浩「白磁と色絵」
[画像: 「白磁面取大壺」 幅 35.0cm 高さ 41.0cm]

このイベントは終了しました。

竹中浩氏は京都府無形文化財に認定された現代日本の白磁を代表する作家です。李朝白磁に憧れて創作を始め、古陶磁への造詣と確かな陶技によって創作される作品は、端正で緊張感があり、格調ある造形美が高い評価を得ています。また染付、銹絵(さびえ)、色絵、信楽や備前の茶陶などその創作域は幅広く、硯や小さな水滴などの文房具シリーズは広く人気を博しています。今展では、こうした竹中氏の近年の代表作品の中から「白磁面取大壺」や文房具など約10点を展示します。竹中氏の様々な魅力が凝縮した展示です。

メディア

スケジュール

2016年07月01日 ~ 2016年09月08日
8月10日〜8月17日、8月28日は休館

アーティスト

竹中浩

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use