ダレン・アーモンド「陽の光のかげで」

スカイ・ザ・バスハウス

poster for ダレン・アーモンド「陽の光のかげで」
[画像: ダレン・アーモンド「Hand-Held Sun」(2015) 映像プロジェクション、サイズ可変]

このイベントは終了しました。

「陽の光のかげで」("Within The Shadow of The Sun") と題された本展では、遠隔地への憧憬と、星々の進行とともに切り取られ感じられる時間とが、見上げる天体のなかに見出されています。中心となるのは、壁一面に拡大投影される太陽の映像です。ロサンゼルスのグリフィス天文台の太陽観測望遠鏡から見える太陽を、作家自身がiPhoneで撮影した映像作品《Hand-held Sun》(2015年)は、展覧会場の唯一の光源として壁一面に投射され、あたかも太陽が月を照らすように取り囲む作品を照らし出します。16枚の鏡面パネルから構成される”In Reflection”(2015年-)は、上下二分割された数字の断片が解読できないかたちで配されており、壊れたフリップ式時計のように、時を告げることがないモノクロームの抽象パターンを構成しています。アルミニウムパネルにアクリル絵具で描いた新作シリーズ”Timescapes”(2015年)は、ハッフル宇宙望遠鏡がとらえた星雲や恒星系のイメージから作図されており、幾重にも重なり合う色のレイヤーが、科学的思考と絵画的な技法の相互作用を生み出しています。

メディア

スケジュール

2016年02月05日 ~ 2016年03月05日

アーティスト

ダレン・アーモンド

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use