竹村京 「なんか空から降ってくるよ」

タカ・イシイギャラリー

poster for 竹村京 「なんか空から降ってくるよ」
[画像: “Danae”, 2016, ink jet print on cotton cloth, synthetic cloth, 220 x 285 cm © Kei Takemura]

このイベントは終了しました。

タカ・イシイギャラリーでの4年ぶりの個展となる本展では、初めての試みとなる写真の印画紙を用いた作品を含む最新作から、およそ20点の作品を展示いたします。
竹村は、2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれに続く原子力発電所の事故を目の当たりにし、青いと思っていた空や、色がないものと感じていた空気など、自身を取り巻く環境が一変したように感じたと言います。その感覚は、歴史や文化が自明で確固たる道を歩んできたのでは決してなく、その時々の人々の記憶や知覚を通じて自由に書き直され、伝播されてきたものの連続であるという真理にも通じ、本展にて発表される作品群の着想へと至りました。
例えば、最新作のひとつ「Danae」は、ギリシャ神話に登場する王女ダナエを描いたティツィアーノ・ヴェチェッリオの絵画への参照が含まれます。横たわるダナエの上空から金貨が降り注ぐ様子が描かれている絵画の構図を下敷きにしつつ、竹村自身の日々の記憶から取り出されたものごとによって描かれた本作では、画面の中央に位置するカメオが原画を暗示する役割を果たしています。竹村自身も手元にいくつも持っているカメオは、貝殻等に女性の肖像が彫られた装飾品ですが、貝殻は歴史上通貨として用いられたこともありました。原画に描かれた金貨にどのような装飾が施されているのか―そのように想像してみると、ダナエに降り注ぐ金貨も新たな意味を与えられるようです。
同様に、本展にて発表される作品は、竹村が日常のなかで出会った一コマをベースにしながらも、それらが竹村の感覚を通じて新たな姿を与えられ、ありえたかもしれない現実を表象しています。

メディア

スケジュール

2016年07月30日 ~ 2016年09月03日

アーティスト

竹村京

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use