「マティスとルオー展 - 手紙が明かす二人の秘密 -」展

パナソニック 汐留ミュージアム | ルオーギャラリー

100円

off!

poster for 「マティスとルオー展  - 手紙が明かす二人の秘密 -」展
[画像: アンリ・マティス「ラ・フランス」(1939) 公益財団法人ひろしま美術館]

2日後終了

1906年8月30日、アフリカ旅行から戻った36歳のマティスは、「中でも砂漠はすごかった」と、その強い印象を友人のルオーに書き送ります。国立美術学校で共に学んで以来、この二人の偉大なフランス人画家が交わした膨大な手紙のやりとりは、マティスが亡くなる前年の1953年まで、断続的ながら実に約半世紀に渡って続きました。全く異なる画風を確立したマティスとルオーは、一方でフランス絵画の輝かしい伝統の継承者としての誇りと責任感を共有していました。それは、外国人を受け入れて輝きを増すフランス、あるいは第二次世界大戦に苦悩するフランス、そのいずれにあっても揺らぐことなく、自らの絵画で回答し続けた姿勢にも表れています。例えば、戦争を機に描かれたマティスによる《ラ・フランス》とルオーによる《聖ジャンヌ・ダルク》は、自由なフランスを象徴する堂々とした女性を描いてその白眉といえるでしょう。本展では、二人や家族の手紙を紹介しながらその時期の絵画作品を展覧します。マティスの静物画《スヒーダムの瓶のある静物》をはじめとする貴重な初期の作品や、ルオーの重要な版画集『気晴らし』の油彩原画シリーズの全点出品など、フランスからの初来日作品を含む合計約140点を通して、マティスとルオーの友情の秘密に立体的に迫ります。

[関連イベント]
記念講演会「マティスとルオーの手紙の発見」
日時:2017年1月14日(土)14:00~15:30(開場13:30)
会場:パナソニック東京汐留ビル5階ホール
講師:ジャクリーヌ・マンク氏(パリ市立近代美術館 学芸部長)
定員:150名(要予約)
参加費:無料(ただし本展の観覧券が必要です)
※未就学児はご遠慮ください。
お申し込み方法は公式ホームページよりご確認下さい。2016年11月1日から受付開始です。

マティスとルオー展を語る!「山田五郎アートトーク」
日時:2017年2月10日(金)14:00~15:00(開場13:00)
会場:パナソニック東京汐留ビル5階ホール
講師:山田五郎氏(評論家 BS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」などに出演)
参加費:無料(ただし本展の観覧券が必要です)
※お申し込み方法は公式ホームページよりご確認下さい。2016年12月5日より受付開始です。

学芸員によるギャラリートーク
1月22日(日)、1月28日(土)、2月3日(金)、2月11日(土・祝)、2月17日(金)、2月26日(日)、3月3日(金)、310日(金)、16日(木)、21日(火)いずれも14:00~ (約30分)
参加費:無料(ただし本展の観覧券が必要です)
※予約不要、当日展示室前までお集まりください。
※会場の混雑状況によってはスライドトークに変更になります。

※関連イベントの詳細、お申し込みは公式ホームページをご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2017年01月14日 ~ 2017年03月26日
休館日:1月18日、1月25日、2月1日、2月8日、2月15日

入場料

一般 1000円、65歳以上 900円、大学生 700円、高校生・中学生 500円、小学生以下無料

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
水曜休館
展示替期間・年末年始休館、祝祭日開館

アクセス

〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
電話: 03-5777-8600

JR・東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ新橋駅より徒歩5分、都営大江戸線汐留駅より徒歩1分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use