大塚茂吉 「静寂なる振動」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 大塚茂吉 「静寂なる振動」
[画像: 大塚茂吉 「聖猫」 (2016) h51×16.5×29㎝ 撮影 Giorgio Biserni]

このイベントは終了しました。

大塚茂吉氏は画家として訪れたイタリアで、テラコッタに出会い、陶芸による立体像を制作するようになりました。これまで20年に渡り、年に数ケ月をイタリアで過ごして作品制作を行っています。その作品の多くは女性と猫で、女性像は古代ギリシャの微笑む女神コレー像の、聖性と世界を包み込むような優しさを創作の原点としています。特質として、テラコッタの表面に細かな穴を穿ち、白土を埋めていく象嵌技法が使われており、無数の白点で覆われた表面は、柔らかな中に原初的な力強さを感じさせます。また、切れ長に土を穿ってつくられる眼差しは内面を暗示しており、その微笑は多くの人々を魅了してきました。これまでも様々な挑戦を続けてきた大塚氏ですが、今回の新作では、全ての穴に筆で白土を入れ、乾燥収縮によってアトランダムに穴があくことで、表面が陰影を帯びて瞬いているような動的なイメージがあります。作品の内に宿る魂と外形の無数の穴とが振動し、そこに宇宙的なリズム感が生まれました。その様子などを含め「静寂なる振動」と名付け、今展のタイトルとしています。大塚氏の新たなる世界をぜひ会場にてご覧ください。

メディア

スケジュール

2016年09月13日 ~ 2016年10月31日

オープニングパーティー 2016年09月13日18:30 から 19:30 まで

アーティスト

大塚茂吉

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use