キュンチョメ 「暗闇でこんにちは」

駒込倉庫

poster for キュンチョメ 「暗闇でこんにちは」
[画像: 星達は夜明けを目指す」2016 映像 ©KYUNCHOME]

このイベントは終了しました。

キュンチョメは、ナブチ(1984)とホンマエリ(1987)の二人のアーティスト・ユニットで、2011年美学校の「天才ハイスクール」を修了、その後岡本太郎大賞を受賞、パルコの企画にてタイにリサーチ&作品制作をしています。更に東京ワンダーサイトの助成とアートアクションUKの助成を受け二度ヨーロッパに渡り、難民や欧州の切迫した社会状況のリサーチを経て、先月ロンドンで発表、高い評価を受けて帰国し現在に至ります。彼らは震災だけでなく世界を覆い尽くす様々な社会問題をメタファーとし、多文化主義の身体性を念頭に世界の分断を溶解させるべく本展に挑みます。
5年半前、皆が同じ未曾有の震災を経験し、わたしたちの間で緩やかな連帯感が生まれました。しかし、手に手を取って助け合う、協力、絆、そんな言葉が上滑りするのをわたしたちは嫌という程体験してきました。その後求められているのは、多様なアフターです。
日本特異の気候変動や社会の閉塞感だけでなく、地球規模で断続的に続いている天災、エネルギー問題、経済の圧倒的格差、またテロへの恐怖と過剰な防衛や先制攻撃でいたちごっこを展開する五里霧中な政府やその政治は、わたしたち「個」とはまったく違う選択を続けています。様々なレイヤーで倫理や平和が大義名分でしかない現代、このアフターでは「個」として生きる判断力が求められています。わたしたち一人一人が、「個」としてそれぞれのアフターを切り開かなければならないのです。
そのためこの展覧会は、共時的体験を経た二組のアーティストが、交わることなくそれぞれのヴィジョンを見せる、という形を取りたいと考え、二つの個展の同時開催として企画されました。二組のアーティストたちが提示する、ヒューマニズム礼賛でも単なる社会批判でもない、ただただリアルなグルーヴとその渦中にさらされる個々の問いを、一緒に体験し、考えていただければと思います。
毒山凡太朗「戦慄とオーガズム」を同時開催します。

メディア

スケジュール

2016年08月27日 ~ 2016年09月24日
開館時間: 水曜日から土曜日 15:00〜20:00、日曜日・祝日 12:00〜17:00

アーティスト

キュンチョメ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use