森村泰昌 「『私』の創世記」

MEM

poster for 森村泰昌 「『私』の創世記」
[画像: 森村泰昌 「森の塔・風が吹く」 (1984) ゼラチン・シルバー・プリント 30x30cm ©Yasumasa Morimura]

このイベントは終了しました。

森村泰昌の80年代から90年代にかけての初期の白黒写真に焦点を絞った展覧会です。本企画は、同ビル内のNADiff Gallery(B1F)、NADiff a/p/a/r/t(1F 書店)、NADiff Window Gallery(1F)と連携し、展覧会に加えブックフェアも開かれます。
展覧会は三部構成からなり、第一部「卓上の都市」では、「卓上のバルコネグロ」と題された1984-85年に制作された49点の作品を前期・後期ですべて紹介。これは森村のライフワークともいえる美術史のシリーズに発展していくきっかけにもなった「肖像/ゴッホ」(1985)を発表する直前に制作された一群の作品です。手作りの小道具や身の回りのものを丹念に卓上に配置しながらアトリエで撮影した静物写真で、最初期のセルフポートレイトも含みます。撮影で使用された小道具も一部併せて展示致します。第二部「彷徨える星男」では、90年に制作されたマルセル・デュシャンへのオマージュである最初のビデオ作品「星男」と、同シリーズの写真作品を展示致します。第三部「銀幕からの便り」では、初期のビデオ作品をまとめて上映。長年「私」をめぐって展開されてきた森村の仕事の序章を一堂に紹介致します。

[イベント詳細]
第一部 「卓上の都市」
日時: 前期 9月2日(金)~10月2日(日)、後期 10月4日(火)~11月6日(日)
会場: MEM(3F)

第二部 「彷徨える星男」
日時: 9月2日(金)~10月2日(日)
会場: MEM(2F)

第三部 「銀幕からの便り」
日時: 9月2日(金)~10月10日(月・祝日)
会場: NADiff Gallery (B1F)

[関連イベント]
トークイベント 「『写真』に耳を傾ける」
日時: 10月8日(土)15:00~
会場: NADiff a/p/a/r/t 店内
講師: 森村泰昌、藤原えりみ(美術ジャーナリスト)
参加費: 1000 円
※お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2016年09月02日 ~ 2016年11月06日
第二部は10月2日(日)までのみ

アーティスト

森村泰昌

Facebook

Reviews

Emma Ota tablog review

10 Things in Tokyo: September-October 2016

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond in September and October

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use